ぷるる

ばじ(日本人男)とすぬぬ(台湾人女)の登山&ダイビング&旅行記

金峰山登山 -意外にハード- (2017/07/02)

こんにちは。ばじです。

すぬぬが台湾に帰省しているので、今回は妹と登山してきました。

 

今回登ったのは山梨県金峰山

アルプスでないのに、2,599mもの標高があります。頂上の奇岩が有名な山です。

私は以前瑞牆山に登っており、その時に遠くに金峰山が見えました。この2つの山は同じ瑞牆山荘から登ることができます。

その時は瑞牆山金峰山に同時に登る予定だったのですが、同行者が瑞牆山の下山中に脚が痛くなってしまったので、金峰山には登らず温泉に浸かって帰りました。

 

朝5時に東京を出て、中央道で1時間30分。

登山口である瑞牆山荘に到着です。

コースタイムは登り4時間10分。。果たして妹はついてこれるでしょうか。

 

7:54に登山開始。

序盤は30分ほどやや急な登山道です。

それを抜けると眼前に瑞牆山が見えます。

 

f:id:sununu:20170704224951j:plain

 

木々の間で写真では綺麗に見えませんね。。岩でごつごつしていて綺麗な山です。

 

 

富士見平小屋に着きました。

キャンプの人がいっぱいいました。ここが瑞牆山金峰山の分かれ道です。

f:id:sununu:20170704225258j:plain

 

この日は曇っていて雨が降り出しそうな天気でした。

そのため、早足でどんどん登っていきます。

 

40分ほど歩くと、林の道を抜けて大日岩のあたりに出ます。

 

f:id:sununu:20170704225654j:plain

 

はるか遠くに奇岩が見えます。

これが金峰山の山頂。まだ遠いですね。

f:id:sununu:20170704225839j:plain

 

また林道に入ります。登り1時間ほどかけて林道を抜けました。

ここから山頂まで1時間。。なかなか厳しい道程です。

f:id:sununu:20170704230012j:plain

 

ここからは稜線歩きになります。

なかなか風が強かったです。途中鎖場も有り、谷川岳の西黒尾根を思い出しました。

 

f:id:sununu:20170704230147j:plain

 

仙丈ケ岳を思い出すような緑と灰色。

秩父山系なのにアルプスに登っているような気分です。

 

f:id:sununu:20170704230200j:plain

 

富士山がばっちり見えます。

雪も溶けてきましたね。そろそろ山登り解禁ですね。

 

f:id:sununu:20170704230206j:plain

 

はるか下方に瑞牆山が見えます。

こうしてみるとこの2つの山は標高差がかなりありますね。

残念ながら霧のため八ヶ岳やアルプスは見ることができませんでした。

 

f:id:sununu:20170704230222j:plain

 

 

11:24。

やっと山頂に到着!ここまで3時間30分。

なかなか長い登山道でした。

 

f:id:sununu:20170704230256j:plain

 

山頂付近は人も多く、別の登山道から来た人や、金峰山荘に泊まっているらしき人のようです。

 

寒いので、さっさかカップラーメンを食べました。

霧が濃くなってきて肌寒い。

普段は1時間ほど頂上で過ごすのですが、この日は30分くらいで下山開始しました。

 

五条岩。

これだけの岩塊が山頂に残っているのは珍しいですね。

 

f:id:sununu:20170704230259j:plain

 

帰りは2:45分でゴール。15:00前に下山することができました。

 

妹は終始弱音も吐かず、黙々とこの長丁場を完遂しました。

2週間前に大菩薩嶺に登って登山に目覚めたようですが、これからが期待できる人材ですね 笑

 

帰りはいつも通り中央道の小仏トンネル付近が渋滞(19km・・)してしまい、私は睡魔と闘いながら帰京しました。

妹にネットで調べたクイズを出してもらったら睡魔にはてきめん効果アリで、その後はバッチリ目が冴えた状態で運転できました!お試しあれ。

 

 

金峰山登山 -意外にハード- (2017/07/02)

こんにちは。ばじです。

すぬぬが台湾に帰省しているので、今回は妹と登山してきました。

 

今回登ったのは山梨県金峰山

アルプスでないのに、2,599mもの標高があります。頂上の奇岩が有名な山です。

私は以前瑞牆山に登っており、その時に遠くに金峰山が見えました。この2つの山は同じ瑞牆山荘から登ることができます。

その時は瑞牆山金峰山に同時に登る予定だったのですが、同行者が瑞牆山の下山中に脚が痛くなってしまったので、金峰山には登らず温泉に浸かって帰りました。

 

朝5時に東京を出て、中央道で1時間30分。

登山口である瑞牆山荘に到着です。

コースタイムは登り4時間10分。。果たして妹はついてこれるでしょうか。

 

7:54に登山開始。

序盤は30分ほどやや急な登山道です。

それを抜けると眼前に瑞牆山が見えます。

 

f:id:sununu:20170704224951j:plain

 

木々の間で写真では綺麗に見えませんね。。岩でごつごつしていて綺麗な山です。

 

 

富士見平小屋に着きました。

キャンプの人がいっぱいいました。ここが瑞牆山金峰山の分かれ道です。

f:id:sununu:20170704225258j:plain

 

この日は曇っていて雨が降り出しそうな天気でした。

そのため、早足でどんどん登っていきます。

 

40分ほど歩くと、林の道を抜けて大日岩のあたりに出ます。

 

f:id:sununu:20170704225654j:plain

 

はるか遠くに奇岩が見えます。

これが金峰山の山頂。まだ遠いですね。

f:id:sununu:20170704225839j:plain

 

また林道に入ります。登り1時間ほどかけて林道を抜けました。

ここから山頂まで1時間。。なかなか厳しい道程です。

f:id:sununu:20170704230012j:plain

 

ここからは稜線歩きになります。

なかなか風が強かったです。途中鎖場も有り、谷川岳の西黒尾根を思い出しました。

 

f:id:sununu:20170704230147j:plain

 

仙丈ケ岳を思い出すような緑と灰色。

秩父山系なのにアルプスに登っているような気分です。

 

f:id:sununu:20170704230200j:plain

 

富士山がばっちり見えます。

雪も溶けてきましたね。そろそろ山登り解禁ですね。

 

f:id:sununu:20170704230206j:plain

 

はるか下方に瑞牆山が見えます。

こうしてみるとこの2つの山は標高差がかなりありますね。

残念ながら霧のため八ヶ岳やアルプスは見ることができませんでした。

 

f:id:sununu:20170704230222j:plain

 

 

11:24。

やっと山頂に到着!ここまで3時間30分。

なかなか長い登山道でした。

 

f:id:sununu:20170704230256j:plain

 

山頂付近は人も多く、別の登山道から来た人や、金峰山荘に泊まっているらしき人のようです。

 

寒いので、さっさかカップラーメンを食べました。

霧が濃くなってきて肌寒い。

普段は1時間ほど頂上で過ごすのですが、この日は30分くらいで下山開始しました。

 

五条岩。

これだけの岩塊が山頂に残っているのは珍しいですね。

 

f:id:sununu:20170704230259j:plain

 

帰りは2:45分でゴール。15:00前に下山することができました。

 

妹は終始弱音も吐かず、黙々とこの長丁場を完遂しました。

2週間前に大菩薩嶺に登って登山に目覚めたようですが、これからが期待できる人材ですね 笑

 

帰りはいつも通り中央道の小仏トンネル付近が渋滞(19km・・)してしまい、私は睡魔と闘いながら帰京しました。

妹にネットで調べたクイズを出してもらったら睡魔にはてきめん効果アリで、その後はバッチリ目が冴えた状態で運転できました!お試しあれ。

 

 

キリマンジャロ挑戦記 (2015/9~12)

こんにちは。

ばじです。

 

これから何回かに分けて2015年のキリマンジャロ挑戦について書いていきます。

元々はこのブログもキリマンジャロ挑戦に焦点を当てて書こうと考えていたのに、なかなか書き出せていませんでした。

 

キリマンジャロ挑戦は、3か月に渡る準備を行いました。

 

Road to Kilimanjaroということで、それっぽい写真を。

f:id:sununu:20170528183846j:plain

実際は、キリマンジャロの傍に立つ別の山の写真なのですが 笑

 

 

■なぜ、キリマンジャロ 

そもそもキリマンジャロ登山というのは、私が登山を始めてからなんとなく考えていた登山の最終目標でした。

 

キリマンジャロは標高が5,895mもあり、富士山の1.5倍近くの標高もあるアフリカ大陸最高峰の山であります。

しかしその一方で、

・ザイルやピッケルが不要で特別な登山技術を必要としない

・かつ、登山時にはガイドやポーター(荷物持ち)が付き、極度に重い荷物を背負う必要がない

といった点から、キリマンジャロは「"登山家"でない一般人が登れる最高峰」と言われます。

-------------------------------------

"大陸最高峰の中では登山がしやすい山であり、登山ルートも整備されているため、登山家でなくても健常者で万全の準備があれば、山頂までの登山を楽しむことができる。このため世界中から多くの観光客が登山を楽しむためにキリマンジャロを訪れ、多いときは月に1,000人近くが山頂を目指している。しかし、登山が容易であるとはいっても標高5000mを超える世界有数の高峰であることには変わりなく、高山病や事故により、毎年数名の死者がでている。"

キリマンジャロ - Wikipediaより

-------------------------------------

 

私は山は好きですが、特別体力に秀でているわけではなく、金銭的にも負担がかかる、事故の危険性がある、などから、ヒマラヤ山脈系などを登頂するのは難しいなと早々に感じておりました。

 

キリマンジャロであれば、自分でも登山が可能ではないか?と感じ登山方法について以前から何度か調べておりました。

wikiの通り、勿論少なからず危険性はあります。) 

 

また、山崎豊子著の「沈まぬ太陽」を読んでから、主人公の恩地元が赴任していたケニアでの生活、その中で描写される延々と続く地平線などの描写から、アフリカ対して憧れを抱いておりました。  

「沈まぬ太陽 小説」の画像検索結果

AmazonAmazon CAPTCHA)より画像を拝借

 

遠く離れた悠久の大陸で最高峰に登頂。

 しかも、キリマンジャロから見る星はとても綺麗と聞きました。

 

そんなこんなで、「人生の中でいつの日か登りたい・・。」と感じておりました。

「人生の中でいつか」というのは、早くとも40代、もしかしたら定年後かなーと思っていたのですが、思ったよりも早い挑戦となりました 笑

 

■挑戦の決意

上述のようなキリマンジャロ登山の夢をすぬぬに語ったところ、「じゃあ登ろう!年末!」というまさかの回答。

「え、この子本気・・?キリマンジャロナメ過ぎ・・笑」と思いました。勿論。

 

しかし、屈託無く話す彼女を前に次第に「俺、ビビりすぎ・・?」との気持ちが芽生えてきました。

 

そして、今年の末に登山することについて真剣に考えてみると、

・現在の職場は自動車関連の会社で、年末休が比較的長い。かつ、プロジェクト状況から、上手くいけば2週間程度の休みが取れる。

・かつ、パートナー(=すぬぬ)と同じ職場である現在は非常に休みを合わせ易い。(逆に、今後は非常に難しくなる)

・20代後半という現在のライフステージを逃せば、次は50代になってしまう。身体が丈夫なうちに挑戦したほうが成功率も高い。

 

と、素晴らしい条件が揃っており、この機会を逃すのは非常に惜しいと感じ始めました。

 

 

しかし、一方で非常に致命的な問題がありました。

それはすぬぬは登山歴がほとんどないということです。

1月前に富士山を登ることができたため完全に図に乗って自身に満ち溢れおります。

この子、ほとんど登山したこともないのに、「キリマンジャロに登ろう!」と言ってしまう無謀さ度胸があるのです・・。

 

よく登山をする人はわかると思いますが、富士山というのは特殊な山です。 

標高は日本一であるものの、登山難易度の観点からはそれほど高くありません。

 

登山適性をちゃんと確認し、少しでも経験を積んでおかないと登山成功は有り得ないし、最悪は遠く離れた異国の地で大事故に繋がってしまうことを危惧しました。。

 

 

そこで、私は考えた末にある決断ポイントを設けることにしました。

それは、すぬぬが富士山以外の日本の3,000m峰を無事登り切れたら、キリマンジャロに挑戦をするというもの。

北岳(3,193m)登山成功」を2人のキリマンジャロ挑戦の条件にしました。

これでも勿論無謀と言えるかもしれませんが、そこは好奇心に負けました 笑

 

すぬぬが初本格登山であることも鑑みて、挑戦するヤマハ私が既に登ったこともある北岳にしました。

f:id:sununu:20170528184915p:plain

 

北岳は眺望も最高なので、これから登山にのめりこんでいくには最適な山です。

私も登山にハマったのはこの北岳が最初でした。

 

 

かくして、7月に初登山した女性が、5か月後の12月にキリマンジャロに挑戦する、という無謀な挑戦が始まりました。

 

次回はこの北岳の挑戦について書きます!

 

 

GW 諏訪・安曇野旅行 (2017/5/3~5/6)

こんにちは。ばじです。

2017年のゴールデンウィークは長野県を旅行してきました。

↓以下は移動経路です。

諏訪、松本、安曇野と北上していくプランにしました。

f:id:sununu:20170507193111p:plain

 

当初は登山も考えたのですが、主だった山はまだ残雪期。。

また、すぬぬも私も海外出張が続いており、海外旅行という気分で無く国内でゆっくりしたい、という気持ちがありました。

そこで、「温泉に使ってゆっくりしよう!」と長野温泉巡り旅行となりました。

 

また、地図に乗せている川中島古戦場は行きたかったのですが、最終日の生憎の雨で立ち消えました。

小学生の時に日本の戦国時代史が好きだったので、そのうち一度訪れてみたいです。

 

■5/3(水)

レンタカーを借り、朝9時過ぎに東京を出発。

トヨタのスパシオは年季を感じさせる内装でありましたが、ハンドリング、ブレーキは問題なく運転は快適でした。

中央道談合坂付近から甲府を過ぎるまで延々と渋滞が続きます。

これで、初日の諏訪観光は時間的に難しいなぁー。。というより、そもそもあんまり観光へのモチベーションは高くなかったんですけどね。

 

途中、八ヶ岳PAでフランクフルトとソーセージを頬張りました。

昨年も食べましたが、ここのPAの肉はひたすら美味しいです。

 

その後は旅館に早々にチェックインし、2人揃って小説を読んでおりました。

私は宮部みゆきの「誰か Somebody」を久しぶりに読んだのですが、著作を全て読んでみたくなるくらいハマりました。

 

■5/4(木)

諏訪から八島湿原、美ヶ原に向けて出発。

f:id:sununu:20170507203259p:plain

上記画像は、http://www.venus-line.net/より。

 

同じビーナスライン沿いの霧ヶ峰蓼科山は昨年7月に既に制覇しております。

今回は北側のピンク、緑ゾーンを訪れました。

 

 

朝、諏訪の温泉旅館から八島高原線を通ってビーナスラインへ抜けようとしたところ、落石による通行止めが判明。引き返すことに。

こういう不測の事態はよくありますね。。

shimosuwaonsen.jp

 

気を取り直して、中山道を通ってビーナスライン沿いの八島湿原に到着。

奥のほうに見えるのは車山(霧ヶ峰最高峰)です。

f:id:sununu:20170507195258j:plain

 

八島湿原は無料駐車場があるのですが、10:00の到着時点で満車でした。

とはいえそれでも、45分くらいで入ることができました。八島湿原は広くなく、観光にそれほど時間がかかるわけでもないので、回転が早そうです。

それでもお昼時は待つかもしれませんので、なるべく早く到着するのが良いと思います。

 

八島湿原の楽しみ方はいろいろあります。

・湿原を周回する

・車山まで登山する

・鷲ヶ峰まで登山する

など

 

車山までの登山も気持ちがよさそうですが、既に昨年訪問しているので、今回は鷲ヶ峰(1798m)に登山しました。登山といっても40分くらいで登れました。

f:id:sununu:20170507200020j:plain

 

非常になだらかでしたが、すぬぬは冬季で登山していない分足腰の訛りを感じて嘆いていました。。笑

 

山頂からは北・中央・南アルプス八ヶ岳が一望できました。写真は北アルプス

今年こそは一緒に北アルプスを登頂しようと決めました。槍ヶ岳か燕岳を考えております。

f:id:sununu:20170507200134j:plain

 

八島湿原はハート型なので「恋人の聖地」としても売り出しているそうです。

f:id:sununu:20170507200538j:plain

 

お腹が減っていたので、湿原自体はあまり水に美ヶ原へ移動してしまいました。。笑

 

美ヶ原。40分くらい車を走らせて到着。

最初は高原美術館の方に車を停めて腹ごしらえ。

そのあとは王ヶ頭を目指してしばしハイキング。山本小屋駐車場から大体45分くらいで王ヶ頭に到着。

 

かの有名な王ヶ頭ホテル。一生に一度は泊まりたいですね。

運が良ければ朝方は雲海に包まれて、「天空の上のホテル」のようになるんだとか。

f:id:sununu:20170507200846j:plain

 

王ヶ頭。ばじはこれで百名山20座目です。

f:id:sununu:20170507200855j:plain

 

左から、蓼科山八ヶ岳

八ヶ岳は裾野が広くて雄大です。今年是非とも登りたい。

f:id:sununu:20170507200943j:plain

 

そんなこんなで今回の登山はさくっと終了。

登山というよりハイキングですね。今シーズンの登山のモチベーションを高めました。

 

■5/5(金)

この日は松本城、国営アルプスあづみの公園の2か所を訪問しました。

松本城天守閣まで180分待ち。ディズニーかよ!

 

あづみの公園は隠れた穴場ですね。「マレットゴルフ」というゲートボールのようなパターゴルフのようなスポーツをやったのですが、非常に面白かった。

私の地元には「国営ひたち海浜公園」という、Rock in Japanの会場にもなっている公苑があるのですが、雰囲気が非常に似ています。入場料も良心的で開放感があって、言うこと無しですね。

 

松本・安曇野は市内から北アルプスが丸見えです。市内から絶景が堪能できる。

すごい。

f:id:sununu:20170507201814j:plain

 

 

お昼はそば処「常念」で。

https://tabelog.com/nagano/A2005/A200501/20000818/

そば定食にしたのですが、めいっぱい盛そばを注文しておけばよかった--、と思うくらいにそばが旨かったです。とはいえ、定食のご飯も粒が立っていて美味しかったです。水が良いとなんでも美味しくなるのですね。

 

■5/6(土)

前日行けなかった「大王わさび農場」へ。

前日は一般道まで延々と続く駐車場待ちの列で、30分待ってギブアップ。GWのお昼時は1.5時間くらいは待つこともありそうです。

 

わさび漬け体験やわさび田の見学など、普段できないことを体験できました。

ただ、わさびソフト、わさびコロッケ、わさびフランクなどはちっとも辛くなく正直残念でした 笑

近くでまた蕎麦を食べましたが、相変わらず美味でした。

 

帰りも無事小仏トンネル付近で渋滞に捕まりました 笑

3車線=>2車線になるところで詰まっちゃうみたいですね。。

 

 

まとめると、

「長野はとにかく飯が美味い」です。

今年度も登山でまた何度か訪問したいと思います!

 

ボルネオ旅行⑦ -食べ物- (2016/8/1~18)

 今回のテーマは食べ物なので、マレーシア料理が好きなすぬぬが書いています。

f:id:sununu:20161106170418p:plain

 

 

 マレーシア料理は大きく分けて4種類です。マレー料理、ニョニャ料理、中国料理、インド料理です。民族構成みたいにバリエーションが豊かです。

 個人的な意見ですが、日本料理はあまり外国の影響を受けなく、一本筋の日本の味と素材が味わえる一方、マレーシア料理は多民族で性格豊富ないい面があります。

 値段は、意外と高いところも多かったです。「ザ東南アジア」の安さはそこまでなかったです。

 

4大料理があるといっても、共通の香辛料を使用することも多いですね~

以下に、特にすぬぬの印象に残った食べ物を紹介します。

 

 ①ラクサ

 マレーシア料理といえば、ラクサでしょ!!!とすぬぬは勝手に思っています。笑

 ラクサも様々な種類がありますが、私はKK市内のKedai Kopi Yee Fung(http://yeefunglaksa.com/en/home/)とムルのMariott併設のレストランのSarawak Laksaを食べました。どちらもカレーと台湾の「沙茶醬」、そしてココナッツの匂いがします。Sarawak Laksaはさらにエビの匂いが強かったです。

 今回のボルネオ旅行で一番おいしいなあと思った麺料理です。

 ↓緑の箸に挟まれている麺がラクサです~(Kedai Kopi Yee Fung)

f:id:sununu:20161106170418p:plain

 

↓Mariottのラクサ~

f:id:sununu:20161106171113j:plain

 

 ②炒め野菜=Sawarak Midin

 Mariottのレストランで食べた炒め野菜ですが、美味しすぎてびっくりしました。見た目はただの炒め野菜で、ニンニクなど簡単な薬味しか見えませんが、味がさっぱりしていて胃にやさしい野菜でした。ホテルのスタッフに野菜の名前を聞いたんですが、"It's wild fern"という答えしか返ってこなくて、インターネットで調べました。Sawarak midinらしいです。

   f:id:sununu:20161106170613p:plain

 

 ③Royal Coconutsのココナッツ・プリン

 汗かきながらバクテー(肉骨茶)を食べた後の最高のデザートでした!!ここのココナッツの中の壁についてる肉が特に多くてめっちゃ美味しかったです!ココナッツプリンがおすすめです。

f:id:sununu:20161106194008p:plain

https://www.facebook.com/TheRoyalCoconut/

 

 

 ④ガイド:Philipsの奥さんの手弁当(@グヌン・ムル国立公園)

 炒め野菜もチキンカレーも絶品でした!カレーは真っ赤のラー油ーっぽいものが漂っていたが、少ししか辛くなく絶妙なうまさでした。食べたいならPhilipsのMuluツアーにガイドしてもらうしかないですね。。。><

f:id:sununu:20161030001109j:plain

 

 ⑤KFCのお粥

 KK空港の中にあるKFCで、お粥を注文してみました。ショウガも入っていて、ばじも美味しいと言ってましたよ~

f:id:sununu:20161106190243p:plain

http://www.kfc.com.my/menu/breakfast-weekday/weekday-zinger-porridge/

 

 ⑥Mamutik島の焼き魚

 Mamutikでは2 dive目の後に、お昼タイムを取りました。ビュッフェ形式で小さな焼き魚がありました。午後の3 dive目のことを考えるとたくさん食べては良くないので控えめに食べましたが、あそこの焼き魚は本当に新鮮でした。

 

 

 ⑦貓山王ドリアン

 KK市内、新記肉骨茶のお店の近くに果物専門店があります。あそこは「貓山王」という高価な品種を販売しています(そう書いていましたが本当かどうかは分かりません><)。とにかく一かけを買って食べましたが、今まで食べたドリアンとは若干違います。ま

ず、肉が柔らかくて綿々とした食感でした。そして、ガスの匂いはそこまできつくなく、割と鼻を摘ままなくても食べられました。が。。。食べた後のゲップは。。。想像に任せます。笑

f:id:sununu:20161106190641p:plain

※手袋をしないと手が臭くなります

 

 ⑧Oldtown White Coffee

 "Oldtown white coffee Signature freezy"、甘くて美味しかったです!

 ここのポイントは、コーヒー以外、食べ物も提供していることです~ラクサや海南チキンライスなど、食事もできます。台湾の昔のコーヒーショップもあんな感じのミックスメニューを提供していた覚えがあるので、懐かしいなあと思っていました。

 ↓Oldtown White Coffeeの普通のブラックコーヒーです。なんと、レンゲがついています。。。まるで漢方薬を飲むみたいに。。。><

f:id:sununu:20161106170745j:plain

 

 ⑨バクテー(肉骨茶)

 何十年か前にもマレーシアでバクテーを食べたことがありますが、今回は前回ほどあんまり記憶に残りませんでした。今回は「新記」と新記の隣の「大徳」の2つのところでしか食べませんでした。「新記」はとても人気でいつも混んでいましたが、私は一回目に新記に行こうとして混みすぎてたのでたまたま入った、新記の隣の「大徳」のほうが好きです。

スープバクテーのほか、炒めた辛いバクテーもあって美味しかったです。

 

Sin Kee Bah Kut Teh (新記肉骨茶) - Kota Kinabalu City Centre

 

Da De Bah Kut Teh 大德古早味肉骨茶 - コタキナバル、Sabah

 

 

 ⑩Sri Melakaのニョニャ料理

 ビーフン、魚のカレー煮などが良かったですが高めでした。たぶん地球の歩き方に載っていたので日本人が多かったです。

f:id:sununu:20161106171025p:plain

Restoran Sri Melaka :: Authentic Malaysian Cruisines

 

 ⑪ナシ・レマ

 マレー料理の代表格と言えば、ナシ・レマらしいですがすぬぬ的にはイマイチ。ばじはナシ・レマばかり食べてました。

↓プロムナード・ホテルで夜食として注文。ナシ・レマとサラダ

f:id:sununu:20161106192125p:plain

 

 

 ⑫100 Plusというスポーツドリンク

 最初は買わずに、ばじと2人で怪しげに100 Plusの缶を見詰めてましたが、あるタイミングで買ってみました。。。笑。

 特にMuluに行く直前に胃腸を壊した私は100 Plusのおかげでエネルギーと糖分が摂れて、まるで命の水でした。。。><Mulu現地ガイドのPhilipsもこの話に納得したようです。笑

 ↓マレーシアスーパーのドリンクコーナー!多種多様~!

f:id:sununu:20161106172005p:plain

 

 まとめ

 KKは魚介系、特にエビの風味を生かした料理が多かったです!絶品ラクサを是非とも食べてください!

 

 

 

 

ボルネオ旅行⑥ -海賊・水上村- (2016/8/1~18)

今回はすぬぬが書いています。

f:id:sununu:20161106180908j:plain

 

 

 すぬぬは割と慎重派で、命の危険があるところに冒険したりすることまでしたくはないです。プラス、前回のキリマンジャロ旅行で色んなひどい目に遭ったので、「事前調査をしておけば、あの嫌なシチュエーションを経験せずに済んだかも」と悔しかったので、今回のボルネオ旅行はきちんと事前調査を行いました。

 

 旅行先の国や地域によって危険・リスクの種類も変わってきます。何年か前に、マレーシアのポンポン島で外国人が海賊に誘拐された事件が記憶に残っていたので、まず、そのポンポン島はどこにあるかを調べました。まさか。。。それが私たちの今回の目的地であるボルネオ島だとは思っておりませんでした。。。怖い。その関連記事によって、今回のボルネオ旅行において、気を付けるべきは「海賊」だ、と私の心の中で決めました。

 

参考:

【台湾情報】マレーシアで誘拐された女性が解放される。驚愕の人質生活とは(台湾の反応)

 

 

今回は、

「①すぬぬが事前調査で何を調べてきたか、それがスケジュールの組み立てにどういう風に反映されたか」

「②実際に現地を旅行した感想」

「③水上村について(おまけ)」

を皆さんにシェアしたいと思います。

 

①今回の事前調査&旅程組み立てへの影響

 <全体>

 まず、地球の歩き方&「外務省 海外安全ホームページ」を参考にしました。

現時点は下図のように、ボルネオ島の東・北側の離島は十分要注意な地域だと色づけられています。シパダン島など世界十大Diving pointに興味があったのですが、それらは真っ先に諦めました。

 さらに、Web上の色んな記事を集めてきた結果、やはりサンダカン、センポルナの辺りは海賊による外国人誘拐事件が頻発していて要注意みたいなので、それらの地域に行くことも諦めました。

 

f:id:sununu:20161106141224p:plain

www.anzen.mofa.go.jp

 

 <ダイビング>

 JTBパッケージツアーのMantanani島ダイビングも申し込みましたが、海賊情報を色々と調べたあとに行くかどうかを迷いはじめました。Mantanani島はオレンジ色の地域に含まれているか微妙な位置であり、「近いなあ~怖いなあ~」と思ったからです。

 JTBにも問い合わせました。上記の図はあくまでこれまでの事件によって作成された危険情報図とのことでした。そのため結局、最終的に行くかどうかの決定はやはり自分の判断が問われます。相対的に危険でない地域の中で唯一期待できそうなdiving pointなので、ビビりながらも行くことにしました!

 

 <ホテル>

 海に近いリゾートホテルNexus Spa&Resort(http://www.nexusresort.com/)に泊まる予定がありましたが、部屋を「Ocean view」か「Garden  view」にするかで、ばじとめっちゃ喧嘩しました(笑)。普段なら迷いなくOcean viewを選択する私ですが、海賊が怖くてGarden viewにし、なるべく海から離れたほうがいいと、周りの人に不思議がられながらも一人で悩んでいました。。。笑。

 

 結局Ocean viewにしました。実際に泊まってみたら、私たちの部屋は4階にあって海からもかなり遠く離れていました。。。><

f:id:sununu:20161106180116p:plain

http://www.nexusresort.com/The-Hotel/Hotel-Details/Nexus-Map

 

②実際に現地を旅行した感想

 事前調査、そして現地にいる時の自分の警戒心のおかげか、今回は前回のアフリカ旅行に比べて割とスムースに進められ、困ったことなく済みました。

 私みたいな心配性な人もいれば、せっかく海外に行くからには綺麗な景色を優先する方もいると思います。どちらにせよ、日本に長くいるとやはり周囲環境への警戒心、そして危機管理能力が下がってしまうので、海外に行く時は普段の倍以上神経を張っておかないといけないと個人的に思います。

 大げさかもしれませんが、ソマリア、マラッカ、スールー海域は海賊が猖獗している3大地域なので、できる限る気を付けましょう!

  

水上村

 コタキナバル市内から見えるガヤ島の水上村はフィリピンなどからの不法移民が住んでいて危ないらしいです。「え?!市内からあんないに近いのに、危険な水上村があるんだ。。。」と不思議に思います。

 今回は昼間の飛行機でKKからグヌン・ムルに行ったので、空中からKK周辺の水上村を一覧することができました。なんと。。。数多くの水上村の存在を気づきました。チョコレートブロックみたいに密度高く固まっていました。ずっと市内にいるとあんまり気づかないかもしれませんが。

 離陸・着陸するたびに繁々な水上村光景が見えるので、毎回毎回不思議に思いました。政府はそれらの水上村に対してどんな位置づけで考えているのか?昼間に見る水上村はエメラルド色の海の上に漂っているように見えて綺麗でしたが、中の住民と生活環境を考えると色々と複雑ですね。。。

 

 ちなみに内地にも水上村があり、それらを見回るパッケージツアーがあります。そちらは安全性が高いと思います。私たちもウェストン水上村訪問ツアーに参加しましたが、観光客専用のところで食事をして水上橋で散歩するくらいの、軽い程度の観光でした。

f:id:sununu:20161106180908j:plain

 

 

 

f:id:sununu:20161106180525j:plain

 

 

 

--------------------------------------------------------------------------------------------

追記:ばじ

 すぬぬは準備段階から”ずっと”海賊を怖がっていました笑

 ホテルのOcean/Gardenなどは完全に過剰な心配で笑い話ですが。

 

 参考リンクにあったように台湾人で海賊被害が出ていることからもすぬぬに取ってはより身近な話題であったのだと思います。

 

 海賊行為というと私もさっぱりイメージが湧かなかったのですが、映画「囚われ人 パラワン島観光客21人誘拐事件」を観てみるとイメージがつくと思います。

映画『囚われ人』公式サイト

※正直脚色によって伝えたいことにフォーカスが当たりすぎて、ドキュメンタリー性が損なわれている気もしますが、そこの批評は他の方に任せるとします。

 

要は誘拐して巨額の身代金を請求するわけです。

ここで払ってしまうと、国民が今後もターゲットにされるため払わない方針を一貫して取る国もあります。スールー海はフィリピンのミンダナオ諸島のあたりに今も少数ながら海賊がおります。マレーシアの東部はアクセスがしやすいため、海賊行為の対象となるのです。

 

 我々が以前にタンザニアザンジバル島訪問した時には、訪問中にWebを観ている中で過去にザンジバルでもソマリア海賊の被害があったことを知りました。

その時は何の心構えもできていなかったので恐怖を覚えました。

 

ソマリア海賊と言えば、映画「Captain Phillips」でよく描かれているので、観てみてください。 

f:id:sununu:20161106181227p:plain-

Captain Phillips | Sony Pictures

 

海賊行為を改めさせるには武力による防衛機能を強化する方針もありますが、根本的に海賊を撲滅するには、地場産業を活性化させて、経済的に自立させることが不可欠のようです。

ソマリア海賊は「すしざんまいの社長が壊滅させた」とかいう記事をよく見ます。どの程度の効果があったのかわかりませんが、ドキュメンタリーなどあれば観てみたいところです。

 

 --------------------------------------------------------------------------------------------

ボルネオ旅行⑤ -ホテルの評価- (2016/8/1~18)

 今回はすぬぬが書いています。

 

 口が閉まらないほど驚く豪華なホテルには泊まりませんでしたが、やはり観光地ならではの便利さと居心地のよさが良いホテルがちょこちょこありました。

 一点だけ。私たちみたいな全旅程を自分で組む場合、場所間の移動時間や料金を事前に調べることが一番重要だと思います。例えば、ホテル間の移動、ホテルから観光地・アクティビティー地の移動など。

 

 今回私が心かけたポイントとして、

空港近くのホテル→市内ホテル→郊外ホテル→空港近くのホテル、というルートでホテルを組んでました。郊外ホテルも選んだ理由は、一日だけ、Mantanani島でのダイビングスケジュールがあったからです。今回の経験だと、やはり郊外ホテルは部屋・ホテル敷地が広いので、郊外にスケジュールがなくてもホテルを泊まるためだけのために来てもいいと思います。

 

JTBツアーを参加したので、ピックアップ可能なホテルも合わせて確認しながら予約を取りました。

 

低価=>高価、という順番で今回の旅程をで泊まってきました。理由はいうまでもなく、疲れていくなか、ホテルのランクをどんどん上げていくことでモチベーションもあがるからです~笑

 

 

今回泊まったホテルリスト

コタキナバル市内

・Eden54

Shangri-La

・Promnade Hotel&Resorts

Hyatt Regency

 

コタキナバル郊外 

・Nexus Spa&Resort

 

キナバル公園

・Rock Hostel

・Pendant Hat

 

ムル

・マリオット

 

以下に、個人的な好みでランキング付けしながら紹介します。

山小屋は別扱いにするのでランキングから外します。

(以下、コタキナバルをKKと略称する)

 

①マリオット(ムル)

 グヌン・ムル国立公園で蝙蝠の匂いとかを一日嗅いだ後のマリオットは最高の寛ぎの場所でした。。。!自然に囲まれた感じが一番の好きポイントかなあ~

 ムルに行く前の前日にお腹を完全に壊しちゃってなにも食べれずにムルの6kmを歩いていた私。お腹がめっちゃ空いててエネルギーゼロで体がフラフラでした。。。

マリオットホテルに着いて煩雑なチェックイン手続きの後に、私たちの部屋が一番奥にあることを気づいてどよん~と倒れそうになりました。。。もうレストランに行ってご飯を食べる気力もなく、幸いにルームサービスができることを気づいてお粥を注文しました。めっちゃ美味しかったです!!!

 

 お風呂場は現代的な感じでとても清潔でした。タオルも複数枚用意してあります。ベッドなど部屋全体的に清潔感がとてもいいです。

 

 ただ、Safety boxを最初使いましたが、電池切れなのか何なのかいまだによくわかりませんが、ものを入れた後に開けれなくなっちゃって怖かったのです。。。結局なんとか開けられましたが、そのあとはもう使わないことにしました(笑)。

 あとは。。。ここのレストランはすっごく美味しいFern料理があります。Sarawak Midinです。(or Edible ferns?) 

f:id:sununu:20161030014906j:plain

www.marriott.co.jp

  

②Nexus Spa&Resort(KK郊外)

 リゾートホテルです。砂浜&海&庭がホテル敷地内にあって、かなり広いです。

 KK市内までは車で40分ですが、ずっとホテルにいれば何の不便もないし、北にあるダイビングポイントにも市内よりは近いですよ~

 BuffetやBeach Barなどは室外にあって、大自然に囲まれてるホテルなので、虫よけスプレーは持っておいたほうが無難です。

 

 インターネットの接続はロビーのみで、ばじは不便だと感じてましたが、私みたいなインターネットなくても困らない人にとっては、まあ~いいんじゃないっか~って感じです(笑)

www.nexusresort.com

 

③Promnade Hotels&Resort(KK市内)

 Promnadeは特にこれ!というポイントはないが、立地が抜群でコストパフォーマンスが一番高いと言えるでしょう。

 ホテルのすぐ向こうに大きなショッピングモール(Oceanus Waterfront Mall)があり、ホテルの後ろ側にはコンビニがあります。買い物が便利でご飯を食べるところもいっぱいあります(富源、Secret Recipe、Starbaucks、日本料理など)。

 朝食はかなり豊富。

 JTBのパッケージツアーに参加するときに、Promnadeでピックアップしてくれる時もあります。部屋もちょうどいい広さで、午後までのツアーの後、何の予定もないときに、ずっと部屋にいても窮屈ではなかったですよ~

 ちょうど海が眺められる部屋に泊まってビューが良かったです!朝起きたらすぐ天気状況をチェックすることもできました!午後になるとカーテンを開けて、海のヨットや船を見たり、海の向こうにある高級別荘みたいな建物を見たりして、かなりのんびりに寛げましたよ~

 ここはおすすめです!

www.promenade.com.my

 

Hyatt Regency(KK市内)

 個人的な意見ですが、Hyattはコストパフォーマンスがそこまで高くないです。ほぼ市中心にあり立地が最高だが、敷地が狭かったです。部屋はすごく広いが、清潔感がいまいちでした。

 あ、すぐ隣にKFCがありました!Burger Kingも。こんくらいかなあ~

kinabalu.regency.hyatt.com

 

Shangri-La(KK市内)

通称"Shanri-La Downtown"。

 KKにはもう一つ高級なシャングリラがありますが、そちらと分ける意味でDowntownをつけて呼んでいるようです。笑

 このホテルは多くの日本人が泊まっているみたいですが、清潔感が良くなかったです。空調の出口は意味不明なティッシュが複数枚あり塞がれておりました。。。空調の水漏れ防止対策だったのかなあ。。。><

 プラス、ここはKKの端っこにあり、晩御飯はいつも暗い道を歩き複数の横断歩道を渡ってやっとレストランに着いたって感じでした。。。

Hotel Shangri-La Kota Kinabalu (Kota Kinabalu, Malaysia) | Expedia.co.jp

※公式サイト無いのでExpedia

  

⑥Eden54(KK市内)

 ここは。。。どこかのホテル予約サイトですごい高評価だが。。。部屋&浴室の清潔感が悪かったです。悪いコメントあんまりしたくないですが、布団にカビの匂いがしました。。。ここだけがちょっと。。って感じだなあ~

 立地はすごい良かったですが。有名なバクテなお店、現地のチェーンのコーヒー店、富源など、食事を取るのに便利でした。

www.eden54.com

 

山小屋 ※ランキング対象外

・Rock Hostel

 予想以上良くて、Cottageみたいな綺麗なところでした!ラッキーなことで二人専用の部屋に泊まることができ、シャワー室もありました。。。びっくりでしょう~近くにレストランもあってかなり快適でしたよ~!

 夜はとても静かで良く休めました。キナバル山に登る前泊の選択肢として、ここは絶対おすすめです!!

www.mountkinabalu.com

 

 

 ・Pendant Hut

 私は今まで全部テント泊で、富士山の山小屋もたまたま一人だけのスペースに泊まれたので、雑魚寝の山小屋は初めてでした。しかし、ばじによると、ここの山小屋はすごい快適なほうらしいですよ!

 まず上下ベッドが1セットの構成で、一部屋は4セット=8人くらいでした。ベッドを置く場所以外に人が通れるくらいのスペースしたなかったが、寝るところは自分だけのスペースがあり、良かったのです。ベッドの上には既に寝袋がおいてあって、ちょっと湿気ってる感じもありましたが、あんまり気にしませんでした。

 スタッフ達もかなり親切で、その時体調が悪くなければかなり快適な山小屋だったかもしれませんね~

↓Pendant Houseの近くから眺めた綺麗な山々~

f:id:sununu:20161030015330j:plain

www.mountkinabalu.com