読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぷるる

ばじ(日本人男)とすぬぬ(台湾人女)の登山&ダイビング&旅行記

ボルネオ旅行③ -キナバル山 登山(本番編)- (2016/8/2~4)

前回、前々回とばじの方が書いておりましたが、

今回はすぬぬが書いています!

いよいよキナバルの登山編についてお伝えします。

 

 登山は、

①1日目のキナバル公園観光&前泊、

②2日目前半、2000m付近から山小屋までの6キロ、

③2日目後半~3日目m山頂アタック+Via Ferrata+下山、

の3パートに分けてお伝えします。

 

結果から言うと、風邪と高山病(?)のせいで山頂アタックを諦めて下山してしまいました。。。

 

①1日目:キナバル公園観光&前泊

 KK植物園、キャノピーウォーク、ラフレシア鑑賞、ポーリン温泉。

 咲いていたラフレシアがちょうどあって入園できました!中国語でラフレシアのことを「屍花」と呼び、昔から本・TVなどでラフレシアの写真を散々見てきたからか、相当大きくて華麗な、匂いも漂うお花が自分のイメージに残していました。が。。。その日に出会ったのは直径約75cmのラフレシアでそれほど大きく感じずがっかりしました。日に当たらない、黒いビニールを被った棚に囲まれ、黒い土の上にあるただの静かなラフレシアでしたよ。Wildでもなく、じっくり見ないと鮮やかさを感じない、匂いもなく、近くにいる昆虫もなく、私たちみたいな観光客に見せるために育てられたお花って感じかなあ~陰湿なところで意図的に育てられていたことが少し意外でした! 

                                  f:id:sununu:20161010230805j:plain 

                                  f:id:sununu:20161010230750j:plain

 

キャノピウォークは森の中で吊り橋を歩く感覚で、写真にある東南アジア感たっぷりな木も途中で見え、楽しかったですよ!

              f:id:sununu:20161010231504j:plain

 

ポーリン温泉は、もともと特に期待していなかったんですが、本当に予想通りでした。笑

 

夜はRock Hostelに宿泊。

幸運にも個室を用意してもらうことができ、シャワーもすることができました。

www.mountkinabalu.com

 

夕食は以下の地図でいうところの、Visitor Centre Buildingで食べました。

日本人(男)の誕生日ということで豪華な夕食!!!

 

    f:id:sununu:20161010224303p:plain

    f:id:sununu:20161010230951j:plain

 

②2日目前半:2000mから山小屋までの6キロ

 集合場所で私たちの登山ガイドBenjamin Velonicaと初めまして!体調が悪い時にいつでも気軽に声がかけられる雰囲気優しそうな女性で、少し安心しました。何個か書類にサインして、いよいよ出発。出発直前に既に小雨が降り始めていました。雨具を持っていないので、その場で買おうと思ったけど、売ってなくて諦めてしまいました。この諦めが、後々の悲惨な体験に繋がるのでしたよん。。。悲惨の連鎖が始まった!!

 

 最初の1キロは楽でした。上の山小屋まで4、5回くらい休む場所が設けられて快適でした。休む場所は簡単なテーブルとイスがあり、ランチボックスもそこに座って食べていました。かなりいいペースで歩いていたので、ガサガサなランチボックスでもおいしく感じました。サンドイッチ、揚げチキン、(大好きな)ゆで卵、リンゴ、クッキーが入っていたランチボックスでした!実は私はこのランチボックスをとても懐かしく感じました。なんと。。。キリマンジャロに登った時のランチボックスの中身とほぼ一緒だったのです。笑

 野生リスがとってもaggresiveでした!積極的に食べ物を奪いに来るリスでした。。。汗。気を付けないと指が噛まれちゃうよ。。。!

 途中から。。。小雨から本降りに変わって、着ていたMammutのジャケットがどんどん雨に負けはじめて水に濡れました。まあ~なんとかなるでしょう~と思っていたけど、雨も風もどんどん強くなっていきました。リュックはばじが背負ってくれたので、私は手ぶら登山で背中が特に寒かったです。MammutのジャケットはGoreTexなのですが、二・三回洗濯機でがっつり洗ったせいか、全然防水も撥水も何もならなく、プラス普通の、防水機能なし・登山専用じゃないズボンで、全身濡れで寒くて震えてました。。。

 このままじゃ絶対風邪を引いて山頂に行けなくなってしまう予感がし始めました。。。そうなる前に、なんとかしなきゃ!と思って、ばじに「先に登っちゃってもいい~?」と聞いて、「おお、もちろん!」と答えてくれたので、よーし!速いペースで先に登っちゃえ!と決めました。私たちのガイドさんはどちらかというと、途中の他のガイドさんとおしゃべりしながらゆっくりなペースで進んでいた感じで、かつ登山道は単調で迷う恐れがないので、一人で先に急ぐことにしました。。。途中森林限界に達したようなところで強風が恐ろしく、やはりばじを待とうと迷いましたが、なかなか現れなかったので、寒さ回避を優先してまた一人旅を続けました。。。途中ですれちがった登山者の傘やレインコートを見る度に、羨ましいなあ~と何度も思いましたよ。。。1キロでも、いくら重くても、次の登山からは絶対持っていこうと心の中で決めました。

 どこからきたか分からないエネルギーで13:00頃にVia Ferrata参加者用のPendant Hutにやっっと到着しました!!!寒くて脱力感はんぱなかったです。ばじも40分後に到着!お互いに大丈夫かとずっと心配してたので、再会の喜びで感動しました。。。(泣)><

 

③2日目後半~3日目:山頂アタック+Via Ferrata+下山

 暖かいお茶を何杯も飲み、少し落ち着いてからジェンガーを遊んでました~1時間後に、太陽が出てきて、一刻でもそのありがたい暖かさで服を干したいと思って、山小屋の外に干していました。太陽に感謝の気持ちばかり!!                                                                    f:id:sununu:20161010232034j:plain  

 

 4時頃になってからはVia Ferrataの説明会でした。シミュレーションをやりつつ、少し恐ろしく感じました。明日本当に大丈夫なのかなあ~と。  

 晩御飯は大好物の鳥のスープもあり、全体的に美味しかったけど、食欲があんまり良くなく、風邪気味でした。本当に明日登れるか?!とだんだん心配し初めました。。。

 寝るところは上下2段のベッドで、寝袋が付いていました。8時頃に寝て、11時頃に起きましたが、体が熱くて熱っぽかったです。。。ばじを起こして色々と話した結果、アタックを諦めることにしました。。。泣

 深夜中にずっと雨だったし、外は寒そうでしたので、アタックするのはどうしても無理だろうと思いました。

 夜明け後に暖かくなるのを待って朝7時頃に下山し始めました。高度が下がることに連れ、体調がだんだん良くなってきたので、ばじは風邪ではなく、高山病ではないか?!と言っていました。

 下山途中に登ってくる登山者たちとガイドさんたちにちょこちょこすれちがい、私たちの下山時間はあまりにも早すぎたので、Velonicaさんがいちいち状況を説明したようでした。

 

 とにかく悔しかったですね。。。雨具があれば!もっと慎重に準備しとけば良かったのに!と色々と反省しました。今までの登山はいかに良い天気に恵まれてラッキーだったのか、自分がいかに甘かったのか、やっと分かりました。山の天気は本当に瞬間に変わるもので、山は憐憫も配慮もしてくれない。心構えがもっとできなくてはならなかったなあ。。。次に生かします!!!

 

f:id:sununu:20161010231357j:plain